運動系習い事と文科系習い事、どちらがいいか迷っている親のためのサイト

幼いうちは運動系と文科系どちらを習わせた方が良い?

習い事は子供を成長させる

子供を健康で明るい人に育てたいですか? それならば、球技や水泳、武道などの運動系の習い事を検討してみてはいかがでしょうか。 仲間と共に汗を流すことを通じて、様々な成長を遂げることができるでしょう。 強い身体、負けない根性、人を思いやる心を身に着けることができます。

頭の良い子に育つ文科系の習い事

楽器や書道、語学といった、文科系の習い事の利点も見逃すことはできません。 文科系の習い事は、人を知性的にし、情緒を豊かにします。 繊細な感性としっかりした思考の土台をもっていることは、大きな強みになります。 これらの習い事で得た技術は、人生にわたって役に立ったり、心の支えになったりすることでしょう。

運動系?文科系?習い事を選ぶ方法

運動系の習い事と文科系の習い事、どちらを幼い子供に習わせるのが良いのでしょうか。 これは大変に難しい問題です。 運動系・文科系どちらの習い事も、幼いうちから始めることに利点があるからです。 ここでは、このなかなかに複雑な問題の答えを出すための指針を考えていきます。

活発な運動系の習い事の特徴

子供の成長のためには様々な体験が必要といわれています。
自然の中でのびのび遊ぶこと、友達と一緒に遊んで社会性を学ぶこと、勉強することなどなどです。
これらに加えて重要な体験の一つは、目標に向けて一つのことを頑張ることです。
一つの目標に向けて努力することで、粘り強さや計画性を身に着けるとともに、物事を達成することによって、努力には価値があるということや、自分自身への肯定感を学ぶのです。

こういった目的のために有効なのが、習い事です。
一つのことを子供なりにでも極めていった思い出は、大人になってからもよい経験として必ず役に立ち、心の支えとなるでしょう。
それだけでなく、習い事で手に入れたスキルそのものも、将来役に立つかもしれません。

さて、習い事は大きく二つの分野に分けられます。
野球・サッカー・体操・水泳・武道といった運動系の習い事と、ピアノ・書道・語学といった文科系の習い事です。
ここで、一つ問いが生まれます。
運動系の習い事と、文科系の習い事、幼いうちはどれを習わせたらよいのでしょうか。

このサイトでは、この問いに対する答えを求めます。
まず、運動系習い事と文科系習い事それぞれにどのようなものがあるのかをみて、それぞれの特徴を論じた後、それを踏まえて運動系と文科系どちらを習わせたらよいかを決める指針を考えていきます。
また、習い事を長続きさせるためのコツもお話ししますので、興味のある方はぜひご一読ください。

おすすめリンク