>

運動系習い事と文科系習い事、どちらがいいか迷っている親のためのサイト

頭の良い子に育つ文科系の習い事

様々な文科系の習い事

ピアノ、バイオリン、書道、華道、語学など、文科系の習い事の魅力も見逃せません。

文化的素養は、その後の人生における知的態度に大きな影響を及ぼしますし、人生に潤いを与えるものでもあります。

小学生のうちこそ友達から称賛されることも特には多くないでしょうが、大きくなり運動神経以外のことも注目されるようになるにつれ、評価されるようになることが多いようです。

深い教養、洗練された立ち振る舞いの基礎となる文科系の習い事は、運動系と共に検討する価値があると言えます。
楽器という絶対の特技がある、英語に苦労しない、綺麗な字が書ける、といったことは、大人になってから「ああ、やっていてよかったな」と振り返り思うものなのです。

文科系の習い事のいい所

楽器の習い事は、音感を正確にしたり、心を豊かになったりする利点があるでしょう。
それ以外にも、記憶力の向上や集中力アップが見込めます。
また、思ったとおりに指を動かす訓練をすることで、体を思い通りに動かす能力が高まり、運動神経が良くなることもあるようです。
集合住宅でも、電子ピアノであれば導入できるため、検討すべき習い事と言えるでしょう。

語学は、特に幼少期から始めると大きな効果があるでしょう。
大人になってから英語を聞いても、LとRが聞き分けられないなど、音声の認識に困難があります。
幼少期のうちに英語をやっておけば、日本語にはない音も容易に区別できるようです。
また、語学はそれに触れている期間が重要になりますから、勉強で無理やり詰め込むよりも、幼少期から楽しく触れている方が学習効果は高くなるでしょう。


この記事をシェアする