>

運動系習い事と文科系習い事、どちらがいいか迷っている親のためのサイト

習い事は子供を成長させる

運動系の習い事にはどんなものがある?

お子様には丈夫で快活な子に育ってほしいですよね。
そうした願いに適していると考えられる習い事が、運動系の習い事です。
水泳、野球、サッカー、テニス、体操、武道などなど。

大人になってからこれらを趣味とする人のほとんどが、幼年期から始めていることを考えると、幼年期における運動系の習い事の決定は、人生にわたる趣味や運動習慣を決める大きな要因になっているのかもしれません。

スポーツの習い事によって、風邪をひきにくくなった、泣かなくなった、我慢するようになった、思いやれるようになった、礼儀を覚えたなど、子供の成長を喜ぶ声も多くあります。
お子様に運動を習わせることは、健康・精神力と社会性を鍛えるために、素晴らしい手段だと言えるでしょう。

様々な運動系習い事の特徴

とくに、サッカー・野球など、チームプレーが求められるものでは、仲間を思いやる気持ちが養われることが期待できます。
また、チームをまとめる力や、チームに必要なことを理解してそれを補う力が身につくかもしれません。
組織を指揮したり、縁の下の力持ちとして働いたりした経験は、生涯にわたる財産となるでしょう。

空手や柔道など、武道系の習い事では、礼儀作法や立ち居振る舞いが洗練されます。
しっかりとした挨拶の仕方、立ち方、座り方、食べ方など、日常生活のいたるところからにじみ出る武道の経験は、習い事をやめてからも風格として残り、一目置かれることになるでしょう。
加えて、武道の精神性、すなわち弱いものを守る心は、優しくて正義感のある人間性を養ってくれます。


この記事をシェアする